バタフライボードは持ち運べるホワイトボードだ!

 

少し前に、Makuakeというクラウドファウンディング・サイトで募集されていたプロジェクトですが、発想が面白いなと思い、発作的に支援してしまいました。

この度無事に一般発売されたので、ご紹介します。

 

バタフライボードの特徴

ノートとありますが、要するにホワイトボードです。

僕が購入したのはA5サイズ。A4サイズもあります。

Bb02
ダンボールに包まれたパッケージ。外側はビニール包装されていました。

Bb05
白いボードが4枚、透明のボードが2枚重なっています。

表も裏もツルツルのプラスティックボード。

透明ボードは表紙としてついていますが、このバタフライボードの最大の特徴は、各ページが切り離せるという点。

実はこれ、一枚一枚分離します。端っこについたちょうつがいみたいな部品、これがマグネットになっていて、磁石でくっついているだけなのです。

Bb06
だからこんな風に、切り離せます。

マグネット式なので、360度完全フリーで接合できます。磁力はけっこうしっかりしているので、片方を持ってぶら下げても落ちたりしません。

Bb07
厚みは1ミリ弱くらいかな。プラスティック板にしては少々厚いかも。

1ページずつ書き込んでもいいし、使い方によっては広げてつなぐことも可能。

Bb09

こんな使い方もできます。A4サイズだと広い面積が確保できるので、ミーティングの場でみんなで書き込む、なんてこともできますね。

スポンサーリンク

筆記用具は水性ペンが4本ついてくる

Bb03
真ん中の穴に埋め込まれていたのは筆記用具の水性ペンです。

Bb04
ペンの種類は、太さ一ミリのペン✕3本(黒、赤、青)、0.5ミリの黒ペン一本、計4本。
あとクリーニングクロス一枚。

Bb10

表面が滑らかなので、とっても書きやすいです。

ただ、水性ペンなので、太さ1ミリのペンはちょっと太いかな。0.5ミリのペンだとちょうどいい太さ。

だから公式オンラインショップでは、ペンだけ別売りもしていますよ。

Bb11

消す時は専用のクロスで拭き取ってもいいし、ティッシュで拭っても消せるし、何なら指でこすっても消えます。

ただ、書いてから時間を置くと、残って消えにくくなりますね。

用途はアイデア出しや一人ブレストに最適

結構いいお値段がしますので、ノート代わりにしてはちょいと贅沢です。

なぜこの製品に惹かれたかというと、まだ曖昧な段階のアイデアを形にしたい時に活用できるのでは、と思ったからです。

スマホに打ち込むのもいいけど、やっぱり手書きによる記録手段は予想外の発案を生むと思います。体を動かして考え事をすると、脳がリンクして思考が活発になります。

パッと思いついたネタを書き出してみる。ぼんやりした、形にできない状態の、発想の原型みたいなものを書き留めておくとか。

頭の中でモヤモヤしたアイデアを形にしたい時に使う。書いてみて面白くなかったらどんどん消していく。

残しておいて、後で見返してもいい。

透明の表紙を外側にしておけば、誤って触って手で消してしまうのを防げるし。

ページ数は少ないので、全部書いてしまって余白がなくなったら、スマホで撮影しておいて消すとか。

使い方は自分次第というわけですね。

よーし、これで次のシナリオコンクールのネタをゲットするぞ!

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です