今のドラマは小説や漫画原作をドラマ化する方がウケがいいのか?

一人で黙々と書き続ける男性

現在テレビで放送される連続ドラマの多くが、小説や漫画から原作を元に脚色した、いわゆる「原作もの」です。
一方、オリジナルの企画、つまり脚本家が作ったストーリーの企画は比較的少なく、この傾向はますます強まっています。

なぜこんなに原作もばかりが企画されて、映像化されるのでしょうか。

もはや、脚本家がオリジナルのストーリーを作って脚本を執筆するスタイルは、時代遅れなのでしょうか。

 

スポンサーリンク

原作がある作品をドラマ化するメリット

 

原作のファンを引っ張ってくることで集客するため有利

まず新番組は、最初は誰も知りません。そこで番宣をしなくてはなりません。

新ドラマが始まることは、マニアならこまめにチェックするでしょうが、ほとんどの人は言われないと分かりません。事前に何度も番宣を繰り返してようやく興味の射程距離に入ってくるのです。

番宣を運良く見てくれたとしても、実際に、放送を見てくれるかは時間にならないと分かりません。

さらに、本番まで繋ぎ止めておいても、そのまま最後まで見続けてくれるか。ラストシーンが出るまで見る人がどれだけいるか。

知名度が視聴者を引っ張って来てくれる

まずは注意を引きつけるポイントですが、原作があれば少なくとも原作を知っている人、この機会に原作を知った人は、興味を持って放送当日にテレビをつけてくれる可能性があります。
ファンなら非常に期待できますね。

次に、ドラマの内容に興味を持ってくれるか、が問題になります。

全くのオリジナル企画の場合、内容は誰も知りません。ゼロから視聴者に説明しなければなりませんが、原作ありだと内容は知っている人が一定数います。さらに有名作であれば知名度もあるわけですから、一層馴染みがあり視聴の動機になり得ます。

話題作であれば、人々の会話に登場する頻度も高まります。それが口コミ効果となり、SNS等で拡散されればさらに話題作となるわけです。

スポンサーリンク

原作のある作品をドラマ化するデメリット

では逆に、マイナス面はないのでしょうか。
考えられるものに、次の要素があります。

原作を無視した脚色をするとファンが抗議する

いったん放送してしまえばいくらファンがクレームを入れてもよほどのことがない限り放送が中止になることはないでしょう。

ただし、ファンとはどこまでもついてくる存在であると同時に、些細なきっかけで離れて行くものです。

特に思い出に残る名作で、往年のファンが大勢いる場合、改悪は命取りになりかねません。原作レイプと言われてしまったら悪い評価が付いてしまい、挽回は非常に厳しいかも。

世評はともかく作品を制作する側に立てば全力で取り組まなければなりません。今作は上手く逃げられても次回作はどうか?に影響します。
作る側の視点では事情があると思います。が、残念ながらその視点は視聴者にはありません。あるのはただ、作品だけ。

あの人はまた原作を破壊する、と印象付けられたら最後、汚名を挽回するのにどれだけかかることか。
つまり、創作者は毎回全力で作品作りを行う使命を担っているのです。

それと、原作の作風も重要です。
一般受けする原作であれば、よほどひどい改変をしなければ概ね好評に受け止められます。

個性的でニッチかつマニアックな原作の場合、難易度が急激に上がります。

そのような作品はファンの思い入れも特別な感情を抱えています。原作の世間的知名度が低いほどファン同士の意見交換の機会が少なく、常に虐げられた立場にあるのです。それはいわば他人には理解されない趣向を持った、少数派ならではの、一般人の浅い嗜みを許容できない逆選別主義に凝り固まったモンスターマニアだからです。

それを崇める行為自体が、他者による客観的目線からの、映像化という手法による「勝手な解釈」を許せない。

だからこそ、慎重に制作しなければほとんどの個性派作品はファンから拒絶されるわけです。

まあそこまでマニアックな作品を映像化するなんて相当な野望家でしょうから、その程度の反発は覚悟の上だとは思いますが。

作り方次第では原作者から抗議が来る

原作者がどの程度まで改変を許してくれるかによりますが、中には原作と異なる内容になるのを嫌がる人もいます。

映像化をOKしておきながら首を突っ込んで来るのもどうかと思いますが、それも原作を愛するがゆえ。
またファンに顔向けできないのでしょう。
せっかくファンが付いて来てくれているのに、映像化したことでイメージを損ない、失望されるのでは、と懸念を抱くかもしれません。

でも、最も大きな理由は、原作者本人が一番思い入れが深く、自身で作り上げたイメージが崩れるのが嫌なのでしょう。

全ての監督やプロデューサーが完璧なわけではありません。
予算の都合、キャストの都合、その他様々な要素で理想通りの完成品にならない場合もあるでしょう。

それでも作者は耐えねばなりません。こんなことなら許可を出さなきゃよかった、と言われないよう、スタッフは全力で撮影に挑むべきです。
最悪の場合、契約が解消されたり告訴されることもあり得ます。

そして原作者やファンが傷付くことでしょう。その作者は、二度と映像化なんてしたくない、と懲りてしまうかも。それがベストセラーをいくつも出している方なら、かなり大きな損失です。

だからこそ、映像化は慎重に進めねばならないのです。

まとめ:企画が量産される現状においては、原作がある方が有利。だが…

確かに、原作があると様々な理由で企画が通りやすいでしょう。

脚本家の理想を言えば、オリジナル作品こそがドラマ文化をより発展させるのは確かです。

しかし、現状として、全く知られていないストーリーを何の疑いもなく受け入れてくれるほど、テレビの視聴者は面倒見がよくないのです。

いちいち番宣を見ないと理解できないような作品を見るより、元々知っているお話の方が見ようという動機は大きいでしょう。

とても残念なことですが、現実的には原作を知っている方が有利でしょう。

では、オリジナル作品は、全く意味をなさないのでしょうか。

そんなことはないと思います。

少なくとも、今までのドラマは原作のない、初めて見るストーリーでも高評価を得られる作品もあります。
要は、面白いか面白くないか、です。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です